設計の流れと費用|こだわりの注文住宅設計なら、松本勇介建築設計事務所|福岡

設計の流れと費用について

契約前に知っておきたい用語・流れ・費用など

福岡の注文住宅「松本勇介建築設計事務所」が、契約前に知っておいていただきたい用語、お問い合わせから完成までの流れ、費用について、初めての施主様にもわかりやすくご説明いたします。

設計について

注文住宅を検討するにあたって知っておいていただきたい用語に、「基本設計」と「実施設計」の2種類があります。それぞれについてご説明します。

設計事務所との相性はよいか?

基本設計 施主様の住まいに対する想い、ご希望、考え方などを伺い、基本設計図や模型などイメージしやすいものを作成し、工事費の概算金額を提示します。敷地や立地条件などの調査、建築基準法などの関連法令との照らし合わせもあわせて行います。

施主様の想いが具体化される重要な工程ですので、些細なことでもしっかりと質問、確認をし、充分に時間をかけて納得いくまで打ち合わせを行うようにしましょう。

設計事務所との相性はよいか?

実施設計

基本設計 工事に着工するための図面(意匠設計図、構造設計図、構造計算書、設備設計図、各工事仕様書、工事費積算書、建築関係諸手続き書類など)を作成します。

これらの書類の一部が「建築確認申請手続き」に必要となり、「建築確認通知書」を受理することで、はじめて工事着工が可能となります。

実施設計

設計事務所に依頼するメリットとは

建売住宅を購入するのではなく、ハウスメーカーや工務店に設計を依頼して注文住宅を購入するのでもなく、なぜ、設計事務所に設計を依頼してまで注文住宅を購入するのでしょうか。それは、施主様のこだわりをとことん追求できる住まいをつくりあげることができるからでしょう。

同じ敷地でも建てることのできる住宅のプランは数限りなくありますし、そのご家族に合った家のプランも数限りなくあります。そのなかから、より魅力を引き出せるプラン、よりご家族のライフステージに合ったプランを、施主様と一緒にじっくりと吟味していくことができる、これこそが建築家に設計を依頼するメリット、醍醐味なのです。

施主様は遠慮なくこだわりを追求してください。当事務所は、その想いに応えられるよう精一杯知恵を絞り工夫を凝らしてまいります。

設計事務所に依頼するメリットとは

設計・監理業務の流れについて

当事務所にお問い合わせいただいてから、お引き渡しまでの流れについてご紹介します。
全体のスケジュールとしては、施主様と設計内容および工事費を詰めていきます。

【1】お問い合わせ
まずは電話(092-408-9144)やメールにてご連絡ください。その後、一度事務所へお越しいただき、施主様のご希望や状況などをお伺いします。また、当事務所の仕事への取り組み方などをご説明します。その際の費用などは発生しませんので、お気軽にご連絡ください。

矢印

【2】プレゼンテーション作成
具体的に当事務所への依頼をご検討いただけることになった場合は、4~6週間ほどお時間をいただいて図面・模型・CGなどのプレゼンテーションを作成します。十分にご検討いただき、契約となった場合はプレゼンテーション作成の費用は無料です。 ※契約とならなかった場合は、プレゼンテーション作成費用として12万円を請求させていただきます。

矢印

【3】設計作業
図面や模型などを確認していただきながら打ち合わせを行います。施主様の理想を形につくりあげていく作業となります。私たちは、この過程を特に重視し、一緒に理想の住まいに近づけていきます。

矢印

【4】施工業者の選定、工事費の確定
施主様と一緒につくりあげ、確認いただいた図面をもとに、施工業者に工事費の見積もりを依頼します。多くの場合、初回の見積もり額は予算額をオーバーしているものです。そこから予算額に近づけるために考え直していく作業を行います。これと並行して、建築確認申請の手続きもすすめていきます。

矢印

【5】着工
設計・費用にご納得いただけましたら、着工となります。当事務所では、現場に行って、施工業者が図面どおりの工事をしているか等について、現場監督や職人と確認を行います。施主様には状況報告をいたします。
施主様も、理想が形になっていく過程を見学にお越しください。工事内容を変更する必要が生じる場合がありますが、その場合には施主様の確認をいただいてからとなりますのでご安心ください。

矢印

【6】完成、引き渡し
家が完成したら、お引き渡しです。施主様、ご家族様とともにこれからの時間を長く過ごしていくお住まい。あらゆるライフステージで満足感を味わっていただけると思います。竣工後には定期検査を行いますが、その時に限らず何か気になることなどございましたらお気軽にご連絡ください。施工業者とともに対応させていただきます。

矢印

設計料

福岡の「松本勇介建築設計事務所」の設計料金をご案内します。設計監理料金は、契約工事金額(分離発注工事も含む)に対する歩合計算となっています。また、竣工時に追加工事が発生した場合も、同様の設計監理料金が発生します。

契約工事金額(万円) 設計監理料(歩合) 設計監理料金
~3,000 10%
3,000~3,270 360万円
3,270~4,000 9%
4,000~4,400 440万円
4,400~5,000 8%
5,000~5,555 500万円
5,555~7,000 7%
7,000~7,875 630万円
7,875~10,000 6%

工事費が5,000万円以内の物件において、構造計算を必要としない木造在来工法の場合、別途料金は発生しませんが、特別な木造で構造計算を必要とする場合、鉄骨・RC造の場合、構造設計料を別途いただきます。
なお、5,000万円以上の物件では構造の種別を問わず、構造設計者との共同作業で対応しますので工事費の1%をいただきます。
福岡県外の物件については、別途相談のうえ、請求させていただきます。

お問いあわせ